FC2ブログ
2030-07-17

はじめに

oreshika_0001.jpeg


家系図
●家系は二流のみ。最序盤以降は双子が生まれないように戦勝点を調整する
●特注剣を積極的に使う。二流どちらでも特注剣を作成し、成長や福効果の違いを楽しむ
●交神については特に制限を設けない(複数回交神もアリ)
●当主はそのときになったら決める
●しっかりモード固定
●命名は日本刀から引用、またはそれをもじったもの

oreshika_0003.jpeg


【索引】
1018年4月 相翼院 とりあえず初月だけ
1018年5月 九重楼 わりと激闘でした
1018年6月 白骨城 おにぎりは鬼切りに通じるので縁起がいい(ローカルルール)
1018年7月 鳥居千万宮 生後11ヶ月だもんネ、計算できないのは仕方ないよネ
1018年8月 交神 ワクワクドキドキの交神、と
1018年9月 相翼院 ウッカリが命取りになる、の二本立てです
1018年10月 鳥居千万宮 家族が増えました
1018年11月 休養 じーちゃんと母ちゃんと俺ら
1018年12月 大江山 
1019年1月 相翼院 お正月だよ! 全員集合!
1019年2月前編 九重楼
1019年2月後編 当主交代 俺の屍を越えてゆけ

1019年3月 九重楼 今年の夏、どこ行く? 何する??
1019年4月 鳥居千万宮 激闘! 暗黒大鳥居
1019年5月 九重楼 ああっ剣士さまっ
1019年6月 白骨城 大人になりきれない俺たちは
1019年7月 交神 運命だとか未来とか
1019年8月 選考試合 フリーダムツインズ
1019年9月 交神 一点物につき返品交換は受付けません。ご了承ください。
1019年10月 鳥居千万宮 ホストクラブINARIへようこそ
1019年11月 相翼院 正統派もカワイイ系も各種取り揃えてお待ちしております
1019年12月 大江山 俺たちは天使じゃない
1020年1月 九重楼 センパイ! 俺らマジでセンパイにアコガレてるっス! ウッス!
1020年2月 相翼院 本日をもって貴様らは新兵を卒業する
1020年3月 選考試合 不良が雨の日に子犬を拾うといい奴に見える現象、みたいな
1020年4月 鳥居千万宮 マジカルステッキ(相手は串刺しになる)
1020年5月 交神 虎徹はにげだした(い)! しかし まわりこまれて しまった!
1020年6月 九重楼 この心に足が生えてたら
1020年7月前編 交神
1020年7月後編 当主交代 君の心1つだけ

1020年8月 白骨城 男二人deぶらり旅 ~お宝ドッサリ! 白骨城編~
1020年9月 相翼院 「ご存知、ないのですか!? 彼女たちこそ、呪いを力に変え、筆頭公式討伐部隊の座を駆け上がった超時空シンデレラ、凌さま&笹乃ちゃんです!!」「知らんがな」
1020年10月 九重楼 こんな気持ちであの祭りを見たのは生まれて初めてだよ
1020年11月 大江山 がんばれお父さんズ
1020年12月 大江山 大風呂敷回収
1021年1月 親王鎮魂墓 新章突入しました、後半戦もよろしくお願いします
1021年2月 鳥居千万宮 世界よ、これがMOEだ
1021年3月 紅蓮の祠 薄幸の王子様体質だから女神に囲まれても許されるんだよなあ
1021年4月 交神 僕の庭は冬枯れたまま
1021年5月 交神 どうだ!? どうだ?! 笹乃でどうだ!!
1021年6月 鳥居千万宮 サージェント・カラスマルのニコニコ訓練教室、はっじまっるよ~
1021年7月 忘我流水道 負け犬にアンコールはいらない
1021年8月 選考試合 凌さまの人間宣言
1021年9月 親王鎮魂墓 コミュニケーションがブレイクしてダンスる世代
1021年10月 鳥居千万宮 綺麗なお姉さんは好きですか
1021年11月 相翼院 少年よ、絶望せよ
1021年12月 鳥居千万宮 私は明日へ向かいます
1022年1月 忘我流水道 君がいて 僕がいて
1022年2月 交神 「素質点1位はやっぱなー 上から上からだわ」
1022年3月 選考試合 お菓子は1日1個まで
1022年4月 交神 Boy Meets Girl
1022年5月 相翼院 いま、会いにゆきます
1022年6月前編 親王鎮魂墓
1022年6月後編 当主交代 巨星墜つ

1022年7月 紅蓮の祠 竜虎相搏つ
1022年8月 白骨城 明日へ
1022年9月 相翼院 ねねとななせでリトルツインスターズみたいな名前なのにな
1022年10月 鳥居千万宮 その日俺たちは伝説を見た
1022年11月 親王鎮魂墓 「光の多いところには強い影がある」
1022年12月 交神 良縁♥なんでも判定団
1023年1月 忘我流水道 春なんて来なけりゃいいのに
1023年2月 交神 女神殺しのスナイパー爆誕
1023年3月前編 九重楼
1023年3月中編 当主交代

1023年3月後編 氏神推挙 天の光はすべて星
1023年4月 親王鎮魂墓 仁義なき嫁取り合戦、開幕
1023年5月 相翼院 時は得難くして失い易し
1023年6月 白骨城 棒を掉い星を打つ
1023年7月 相翼院 最初の一歩
1023年8月 選考試合 市民、申し訳ありません。その情報は現時点では開示できません
1023年9月 忘我流水道 トレモロ
1023年10月 交神 沈黙は金、雄弁は銀
1023年11月 鳥居千万宮 神はサイコロを振らない
1023年12月 交神 日本一長いあなたへの手紙
1024年1月 九重楼 かなし
1024年2月前編 紅蓮の祠
1024年2月後編 当主交代 私の小さなプライドは とても隠しきれやしない

1024年3月 選考試合 アーチャー? いいえ、バーサーカーです
1024年4月 親王鎮魂墓 あばれんぼうプリンセス
1024年5月 紅蓮の祠 今日のアタイ、ちょっぴり強気
1024年6月 白骨城 三つ揃えば何とやら
1024年7月 親王鎮魂墓 君が思い出になる前に
1024年8月 交神 ~約束の場所で~
1024年9月 忘我流水道 鍵は揃った
1024年10月前編 交神
1024年10月後編 当主交代 幕が開ける、幕を引く

1024年11月 地獄巡り できっこないをやらなくちゃ
1024年12月 親王鎮魂墓 Welcome to this crazy time
1025年1月 相翼院 大事なものは目蓋の裏
1025年2月 鳥居千万宮 パーティタイムの始まりだぜ
1025年3月 九重楼 怒りの九重ロード
1025年4月 忘我流水道 1ヶ月間で男を上手にアゲる方法
1025年5月 地獄巡り 地獄地獄、楽しい地獄
1025年6月 交神 私の涙が乾く頃に来てね
1025年7月 白骨城 夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを
1025年8月 交神 震えて眠れ
1025年9月 地獄巡り ああ なんて素敵な日だ
1025年10月 紅蓮の祠 Geek & Queen Bee
1025年11月 地獄巡り 世界で一番おひめさま
1025年12月 地獄巡り 君たちの始祖の正体は
1026年1月 地獄巡り いつか一緒に輝いて
1026年2月 九重楼 家に術オタがいるとこうなる
1026年3月 地獄巡り やすらはで寝なましものを小夜更けて
1026年4月 交神 有楽のくせになまいきだ
1026年5月 忘我流水道 キミと一緒なら 時計100倍速
1026年6月前編 交神
1026年6月後編 当主交代 平安一の無責任男

1026年7月 白骨城 拝啓、少年よ
1026年8月 選考試合 夢の続きを見に行こう
1026年9月 総集編 時には昔の話を
1026年10月 特別編 これから「未来」の話をしよう
1026年11月 地獄巡り 飛竜雲に乗る
1026年12月 地獄巡り 相方と息子たちが過保護すぎる件について
1027年1月 地獄巡り たったひとつの冴えたやりかた
1027年2月前編 地獄巡り 世界を変えさせておくれよ
1027年2月後編 地獄巡り Welcome To The Black Parade
1027年3月前編 裏京都
1027年3月後編 裏京都 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ

エンドロール
生存組のその後

らくがき集




スポンサーサイト
2019-07-05

らくがき集



【アイコン集】
 twitterで使用したアイコンなど

nene.png
 11月の『いい一族の日』タグで使用。
 このとき(2018年11月)は祢々が生まれたばかりで紹介できるほどのエピソードがなかったので、特別に描いたものです。
 コレを描きながら「次の世代は上諏訪、下諏訪姉妹の子だから竜の目にしよう」と決めました。思い出の一枚。

raba_karasu.png
nyan_taka.png
 リクエストを頂いて描いた烏丸と天光。



 【氏神装束メモ】
 剣崎一族の氏神たちの装束には、父母にあたる神だけではなく素質が表出した先祖の神さまの要素も取り入れていました。
 千代丸と子孫たち(日向、王子、吉行)は石猿田衛門の技土が表出し続けたので、ネタ切れを起こして大変でした……。

持黒天と大権現
 持黒天剣崎(天光)
 表出した素質のほぼすべてが鳥系(赤羽根天神&やたノ黒蝿)でした。高いところとか好きそうだな……。
 半神虎(日向)に飛びながら持ち上げてもらって、空中からかっこよく着地する練習とかしてそうだなって思います。

 剣崎大権現(千代丸)
 生前は防御力が高かった子だったので布面積多めにしてみました。説明にもある通り、人間寄りのデザインになっています。
 氏神になっても戦えると面白いな…と思ったので、生前の愛用武器もモチーフに取り入れています。

半神虎
 半神剣崎虎(日向)
 千代丸の孫にあたります。祖父と正反対に獣成分多めにしました(趣味です)。
 神格が上がると装飾品(お守り)がジャラジャラ増えていく仕様だといいなあ、と思っています。

花芯
 花芯剣崎(鳴)
 日向の子、千代丸のひ孫です。王子王子と呼んでいたので王子さまモチーフにしてみました。
 生前は男剣士の恰好をさせていたんですが、氏神のほうは女剣士の装束を取り入れています。

獅子王
 獅子王剣崎(吉行)
 王子の息子、日向にとっては孫。千代丸から見ると玄孫です。ウチの氏神、虎と花と獅子がいてヤクザみたい 豪華ですよね。
 嵐子さまの首の羽根飾りをどうしようかなと迷った挙句足に持ってきてみましたが、初めて見たときに「吉行お前…割と似合うな……?」って思いました。
 吉行も天光と同様、表出した素質のほとんどが親神由来だったので、あまりデザインがバラけることなくまとまりました。



 以下、オマケのif氏神です。実際には存在しません。





聖コンビ
 if氏神 聖女剣崎と剣崎聖文聖
 双竜世代が終わった直後にウワアアアってなりながら描きました。どちらも水神になる予定でした。




2019-06-01

生存組のその後


【ここからは生存組の予定遺言です】

 「せっかく生き残ったのに遺言なんて見たくない」という方はそっと閉じてください。



oreshika_6128.jpeg
oreshika_6129.jpeg
 昼子さまに挑む直前に撮った、生存組最後のステータスです。
 カンストしてる箇所がいっぱいあるねえ~~~、瀬登だけないねえ……。
 そういうところが可愛かったよ。みんな(男三人)もそうでしょ?



 ではでは、参りましょうか。



oreshika_6255.jpeg
 まずは瀬登からです。

 ナンデ?! って思われるでしょうが、実は生存組のなかで最初に亡くなったのが瀬登でした。
 有楽、めちゃくちゃ長生きするんですよ…どのくらいかっていうと長寿ランキングに載れるくらい。

 瀬戸の寿命は「終盤ならまあ、あり得るよね」っていうくらいの長さでした。女性にしては少し短いかなっていう。
 うーん…昼子戦で受けた毒が悪い具合に作用しちゃったかな、という風に感じました。でも決して暗い余生ではなかったようです。

oreshika_6260.jpeg
 いいでしょ~~~、この「悩みごとはしゃっくり」だった瀬登らしい、気楽な感じ(笑)。
 遺言の「しっかりしてよね」って怒る相手、コレ有楽でしょ? 知ってるよ?

 瀬登の健康度が一番低下したころ、有楽も同じように下がっていたので…このふたりは枕を並べて養生していたのかもしれないと思いました。そう考えるとずっと一緒に暮らしていた、もしくは近所に住んでいたんだろうなあって。

 有楽と瀬登は、瀬登のほうが年下なんですけど…策をアレコレ考えながらボーっとしている有楽の襟足をひっつかんで、自分たちがどっちに進むべきなのか、最終的に判断するのは瀬登の仕事だったんだろうなって。そう思います。
 技巧の有楽、物理の瀬登っていうこのコンビのことが好きでした。無表情オタクとガキ大将 女王蜂が何の因果か同じ時代に生まれて、バディを組んで…最後まで戦ってくれました。
 心の得意分野も真逆(熱さが足りない有楽と我慢できない瀬登)なところがまた、ねえ…二家系の集大成だったなあって。

 瀬登は夕子さまの娘だったのでね、当然ね、氏神推挙がありましたよ。
 本人も「当たり前でしょ」って胸張ってると思います。

oreshika_6261.jpeg
 大菩薩って誰がつけたんだよ。 やってやろうか菩薩掌をよォ(相手は死ぬ)。

 風の女神さまになるようですね。祖父神のトキさま遺伝子が強く出たんだと思います。
 瀬登は氏神になりたがるタイプだと思うので、人として生きた後はそのまま天界入りするんじゃないかな。



oreshika_6254.jpeg
 ハイ、続きまして有楽です。お前なんで瀬登より長生きした!?(たぶん真名姫のせい)(人魚の血肉は寿命が延びる)

 有楽はねえ…なんと男子最長寿を引き当てました。終盤のメンバーでそれかい…最後まで楽しませてくれる子だなあ。
 だから瀬登の健康度低下第二段階目で有楽も下がり始めて、「オッ、もしかしてコレは同時逝去? やーん粋なことするじゃないのォ」って思ってたら瀬登が先に死んで、その翌月に有楽も死ぬっていうミラクルが起きました。
 男子の健康度が三段階で下がっていくなんて滅多にないんだぜ。いやあ貴重なものを見せてもらっ…有楽お前、ホントに何者なんだよ。
 このメンバーで最終決戦に行こうと思った一番の動機は、有楽を死なせたくないからだったんですけど…本人もそれを受けて長生きしてくれたのかなあ。「分かった」って。お願いだからプレイヤーと会話しないで。

 有楽はガンコでオタクで変な爺さんになって長々と生き続けるんでしょうねえ…目に浮かぶようだよ……(笑)。
 そんな有楽さんの遺言はコチラ。

oreshika_6262.jpeg
 この遺言があったからこそ、「有楽が歴代当主たちの夢を見て記録する」という形式の総集編ができました。
 あとは継承刀たちのせいですかね。刀に憑いている付喪神というか精霊というか…オバケみたいなものというか。彼は主なので太郎丸と次郎丸の姿が見えます。だからこういう思考(化けて出る)になったのかなっていう。

 継承刀たちは裏京都の大江山には残らずに、有楽と一緒に帰りました。主に付き従うのが自分たちの役目だと思っているので。
 今までの持ち主たちのことを思い出したり、有楽に構ってもらいたがったりしながら、彼が生きている間はそばを離れずにウロチョロしてるんじゃないかなあ。
 有楽の死後は『剣崎家の御魂よ神社』に奉納されて、そこのご神体扱いされているような気がします。何十年か後に神通力でも得て、一般人にも見えるようになって、たまーに人間の格好をして京をブラついてほしいですね。

 で、有楽なんですけど……。

oreshika_6263.jpeg
 なんと氏神になれましt…奉納点低ぅ!!!
 これは…この素質でよく最終決戦を生き残ってくれたなあ……。本当にテクニックだけでがんばってくれたんだね。

 王子(祖父母)(どっち?)より上、吉行(父)よりは下といった具合ですね。有楽も風神でした。
 有楽が氏神になるかっていったら…なるんじゃないかなあ。お風さまに会いに行って、自分が経験したことを話したがる(そして意見を言ってもらいたがる)と思います。
 生きている間は瀬登に付き従って、最大限生きて彼女を看取ってから、死後はお風さまの傘下とかにいそう。
 位はだいぶ離れてしまったけど属性も一緒だし、好きな人の話相手(今夜は朝まで生☆討☆論)ができれば十分幸せだと思っていそう。

 息子の包平の一件も、交神のときにお風さんから事前に聞いてたら…イイナ……。「そちとわらわの子は将来こういうことをする」って教えてもらってたりして。
 だから裏京都のことも「分かった、行こう」って快諾してくれたんじゃないかな。



oreshika_6256.jpeg
 次ね次、包平くんです。
 大江山登頂中に心風が見事カンストしました。自由すぎんか。

 包平とイツ花がいなくなった後の剣崎家、大変だったろうなー。残ったメンバーの誰が家事やるんだよォ……(頭を抱える)。
 たぶん安綱かな。包平の手伝いをしていたと思うので。が、がんばって生きていってほしい……。

 包平は父親の有楽とは違ってかなり短めな人生でした。なんと一族最短命タイ(紗也さん、虎徹、やっさんと同じ)でした。
 大江山の環境って、人体にはあまりよくないのかもしれませんね。もしかして虹色の靄のせい?
 でも不幸だったのかっていうと…そうではないと思いますね。

oreshika_6264.jpeg
 いいと思いませんか、この遺言……。
 一緒にいるであろう相手に向けた言葉ですよ。優しさと愛情に満ちている。
 生活感があるのもねえ、いいですよねえ! 掃除と洗濯が好きだった子なので、天気がいい日に朱点閣前の橋の辺りに洗濯物いっぱい干して、喜んでたんだろうなあ~……っていう。
 長く生きたって不幸せだと思う人はいっぱいいるし、短い命でも楽しいことはいっぱいある。包平は一族と別れた後も幸せに暮らしたと思いますね。

 一族のなかでもかなり短い寿命だった包平くん。氏神推挙もありませんでした。
 そういえば推挙ってイツ花が言ってくるんですよね。…神にはしたくないって…思ったのかなあ……。
 昼子さまは包平が死んでから天界に戻った気がしますね。神にとっては一年も数十年もあっという間のことだから、昼子さまが少しくらい不在だったとしても大したことないでしょ。いざとなったら夕子さま(瀬登の母神)がどうにしかしてくれたんじゃないかな。

 …などと、いろんなことを考えさせられる包平の最期でした。
 鬼切り丸は包平が持ったまま大江山に残ったので、そのまま向こうにあるはずです。



oreshika_6257.jpeg
 ハイでは最後! 安綱くん!
 最終決戦で心水が、そして大江山で心土がカンストしました。

 寿命は平均くらい…ですかね。やや短めといったところです。
 訓練を指導してくれたり何かと世話を焼いてくれたりといった兄弟分を山に置いていくの、本当は嫌だったんじゃないかなって思うんですよね。
 でも安綱は…心水と心土が歴代トップだから……包平の気持ちを慮って我慢して……。

oreshika_6265.jpeg
 自分の意見をぐっと堪えて、譲ってくれたんじゃないかなあって。
 元服前後って人生まだまだこれからですよ、そんな年齢なのに相方と別れてしまうのは…寂しいよなあ。
 かわいそうなことしたね。ごめんね安綱。

 この遺言からは于武陵の勧酒、「さよならだけが人生だ」と似たような雰囲気を感じました。
 別れるのが必然ならば、左様ならば……。それもまた人生だよね、っていう。

 引き出物(笑)の『此世ノ香炉』、なんだか印象的な名前だと思ったので…使うとあの世の人間の姿が見えるんじゃないかなって思いました。
 裏京都は亡者と修羅が集う場所だと黄川人くんも言っていたので、安綱が香炉を使えば、包平の姿も煙の中に垣間見えたりしそう。洗濯物を干してる包平が見えたりとか。
 その様子に安綱がホッとしてたりするといいですよね。

oreshika_6266.jpeg
 安綱も氏神推挙がありました。破戒神…氏神名は破戒神かあ……(コメントに困るプレイヤー)。
 まあね、型破りではありましたよね!? 初代ツルギにソックリなカラーリングで生まれたり、回避しまくったりして。

 …で、この子の何がいいって、

oreshika_6267.jpeg
 母親の隣に来てくれたってことです。優しさの塊か。
 なんて親孝行な子だろう…呪いが解けた後も瀬登と一緒に暮らしたのかな。そこに有楽が加わったりして、三人でかみ合わない会話をしたり、昔を懐かしがったり、たまには大江山のほうを見たりして。



 と、いうわけで。

1027_03.png

 鬼切り剣崎ツルギ、これにてプレイ記録完結とさせていただきます。
 長い間ありがとうございました。

 2018年7月に始まった一族でしたが、なんとか俺屍発売20周年までにはクリアできました!
 大好きなゲームなのでこれからも新しい一族を立ち上げて遊んでいくと思いますが、剣崎家の面々にはもう会えないのがね…寂しいですねえ。1年近く一緒にいたので……。
 ひとつの家とこんなに長く付き合ったのは初めてでした。楽しかったです。
 読んでくださった方にも楽しんでいただけたなら幸いです。




2019-05-31

エンドロール




【お付き合いいただきありがとうございました】

 「剣士をきちんと活用したことがない」
 「特注剣を育てると強いってホントかいな」
 「二流プレイって面白そう」
 これだけの動機で始めちゃったのが剣崎一族でした。

oreshika_0003.jpeg

 途中から「剣士と他の職業との組み合わせを全部網羅しよう」と思って、世代ごとの組み合わせを考えたりもしました。
 男薙刀士と女槍使い、女踊り屋は実現できませんでしたねー。男踊り屋が二人になって被ってしまったのもちょっと悔しかったな。

 「印象的だった武器や装備はその子専用にして、子孫たちには使わせないようにしよう」なんていう縛りを追加したりもしました。
 やってみると武器ごとに思い入れができるんですよね! 気持ち的な問題で売ることができないので蔵にしまってあるんですが、ストーリー上は「使用していた一族と一緒に埋葬した」ということにしてあります。

 前置きはこのくらいにして。

oreshika_0001.jpeg

 剣崎家の一族たちについて、少し語っていこうと思います。



oreshika_6272.jpeg
 ではでは…この四人から。
 やっぱりツルギさんから泉までがひとくくりだよなァ!

oreshika_6044.jpeg
 ツルギさんと紗也(さや)さん

 剣士と薙刀士の超ド級王道コンビです。
 初代当主と第一子なんだからこの組み合わせなのは当たり前なんですけどね。でも剣士と薙刀士って…今見てもホント最高だよな……。

 本当はね~、エンディングの赤ん坊は黄川人じゃなくてツルギさんだった、っていう展開にしたかったんですけどね~~~(途中まで本当にそうしようと思ってた)、でもやめました。
 ツルギさんだったら、赤ん坊としてもう一度やり直すよりも「紗也さんと一緒にいたい」って言うんじゃないかな…と思いまして。
 だってツルギさんはお輪母さんと過ごした時間より、紗也さんと生きた月日のほうが圧倒的に長いんですよ。息子じゃなくてお父さんなんですよ。
 お輪さんの「アタシのあの子はもういないんだね」っていうのは、「子どもじゃなくて親になっちゃったんだね」って意味でもあると思うんです。
 だからツルギさんにはお父さんのまま、剣崎家の始祖のままで終わってもらうことにしました。ツルギさんは優しいから、お輪母さんを黄川人に譲ってくれそうだし。そのかわり昼子さまを包平の妻にもらいました(ガッツポーズ)。
 それにね、「剣(つるぎ)」は「鞘(さや)」と離れたらダメなんですよ。来世ではふたりそろって、ずっとずっと長生きしてもらいたいな~~~。

 紗也さんは本当に…本当に…なんで死んだ!?(のっけからコレである)
 なんで最短命を引いたんだ…っていうのがショックでした。プレイ当時めちゃくちゃ悲しかったあ。
 でも紗也さんは長生きするようなタイプじゃないしな。優しくて怖がりで、死にたくないからアイテムをたくさん手に入れて生き延びようとするような人でした。「人生なんて」って思いながらも、ツルギさんのとなりで精一杯生きてくれました。
 逝去時に蛍が飛んでてね…それが紗也さんにピッタリだったねえ。一族の始祖となる神にお蛍さんを選んでホントによかった。
 しかし本当…今見返しても超絶美人だよな……。私(プレイヤー)の女神です(真顔)。

oreshika_6045.jpeg
 晃(あきら)と泉(いずみ)

 当家の暴走特急ツインズです。このふたりが始祖になって、剣崎一族は晃家系と泉家系に分かれていきます。
 来訪時に体火の素質見て「剣崎一族終わったな」/(^o^)\って本気で思いましたね。
 剣士と弓使いコンビです。前衛と後衛、これまたいい組み合わせです。女弓使いのダボダボ衣装がカ~ワイイ。
 双子の名前はツルギさんがつけたという設定になっています。下界に来てから綺麗だな、いいなと思ったもの(日光と泉)からもらいました。

 晃…晃ね~~~、功績に載ってるゴローズ戦ね! 最高だったよね! 属性が乗った剣士最高!!!
 大江山のW仁王であんなに苦労するなんてさあ、思わないじゃん…普通は石猿とか、もしくは天狗に苦戦するとかじゃん…私、裏京都で仁王門を通るときに晃のこと思い出してウエッッッてなりましたよ……。
 山で人生狂わされた男でしたが、顔とノリはよかったですよね。ウチの一族、美形だけはホント多いんだわ。
 遺言の「火葬にして暖を取って、ついでに芋焼けよ」って普通だったら絶対笑えないギャグですけど、生まれてからずっと一緒だった相手がいたからこそ、通じるだろうって思ったんでしょうね。

 泉はねー、最長寿でしたね。大江山越えにギリギリ間に合わない年齢でした。悔しかったねえ。
 晃の相棒で、妹で…男女なんだけどニコイチ感が半端なかったですね。髪型もツンツンしてて双子同士似てるのが嬉しかった思い出。あとこの顔グラで凶悪な表情ができるのはウチの泉ぐらいなモンですよ。狂犬豆しば泉チャン。
 ウチのプレイ記の地の文、クチが悪いのは完全にこの双子の影響ですね。それだけ印象が強かった。
 双子、か~わいかったなあ……。親や祖父母でもあったんですが、私が彼らを見るときは完全に孫です。



oreshika_6273.jpeg
 大江山を見据えて、そして越えて…一族史も中盤に入ります。地固めの時代です。

oreshika_6046.jpeg
 虎徹(こてつ)と烏丸(からすまる)

 ウチで一番静かだった男と一番騒がせた男です。その節はすみませんでしたワハハ。
 剣士と槍使いの組み合わせですね~。大江山越えではW仁王を串刺し&益荒男刀や竜神刀があれば並ぶものなし。お役立ちジョブです。
 虎徹はね…トラ模様だったからってことで晃がつけまして(笑)、烏丸は泉が命名しました。祖父の髪色、母の目の色、兄の肌の色をもってる息子のことが心底可愛いなって思ったので、名前は交神相手(やたさま)と自分の父神(火車丸さま)から一字ずつもらいました。

 虎徹は「クリアしたら外に出て何かを探しに行ってほしい一族ナンバーワン」でした。烏丸がちょいちょいコントロールしつつ諸国漫遊とかしてほしかった。何も持ってなさすぎて桜に攫われる系男子でしたね。
 あと七光の御玉で復活させたら「御玉ってそんなに便利なことできるの!?」って騒がれた一族でしたねー。
 虎徹の遺言は「俺の命も魂も おまえたちにやる」でしたのでね、どこかで他の一族さんが救われるきっかけになってたら嬉しいですねえ。

 遺言を先に聞いてから実機を進める方式だったので、烏丸が最期に何を言うかは知っていたんですが…まさかこうなるとは。来訪時には思ってもみませんでしたねえ(すっとぼけ)。
 功績が何も残ってないところが烏丸らしくって、そこがお気に入りです。
 当家唯一の敗走者であり唯一の戦死者ですが、ここには載らないんだなあ~。一族史にも「多分そうなんだろう」という推測しか書かれてないハズです。
 でもな烏丸、お前がいたから我々はゴローズ戦も大江山も乗り越えられたんだよ。ありがとうな。
 烏丸のソロ討伐、当初もう少し熱の入った見方(呪いが解けなくて悔しい、真名姫に歯が立たなくて恨めしい、相方が死んでしまって悲しい)になると思ってたんですけど…実際はかなり冷めた印象になりました。

oreshika_6047.jpeg
 凌(しのぐ)さまと笹乃(ささの)

 自分の一族に「さま」付けってどうなのって思われるでしょうが、凌さまはすごい人だったので…(安綱といい、このカラーリングは何か憑りついてたんだろうか??)。
 この世代はダブル剣士になりましたね~。女剣士がふたり! おそろいでカワイイ! 作画の苦労も倍率ドン!
 ふたりで一振りずつ継承刀を作成しました。太郎丸が褐色肌なのは凌さまの影響、次郎丸が色白なのは笹乃の影響です。

 凌さまはひとりで何でもできた完璧超人で、健康度が落ちたときも「エッ死ぬの?この人が死ぬことあるの??」と信じられない気持ちでいっぱいでした(死ぬんだよ当たり前だろ)。
 山は越えるわ、奥義は創作するわ、真名姫戦では例の術を三発中二度も回避するわで…精神面だけならもっとも神に近かったように思います。氏神にならなくて本当によかった
 完璧すぎるからこそ、笹乃のことが愛おしかったんですよね。神が人間を愛するようにね。

 笹乃はがんばり屋さんでしたね~。相方がパーフェクトすぎたせいで初陣から大江山に送られるわ、円子は覚えなきゃならないわで。でもグズグズ泣きながら、ちゃんとついてきてくれました。そういうところがカワイイ。春菜も取ってきてくれましたしね。
 このふたりは「ヤンチャな息子たちを見ている、母親がふたり」というイメージが強いですね。ともに見守るような遺言を残したせいかもしれません。

oreshika_6048.jpeg
 千代丸(ちよまる)と天光(たかみつ)

 ココが初めての剣士不在世代ですね。
 初めての同時逝去、初めての氏神推挙、そして同時昇天を成し遂げるという私がマンガの編集者だったらオタクが好きすぎる王道的展開だらけで思わずキレるようなネタを、余すことなく全部やりやがったコンビです。勘弁してくれ。

 お千代だけだったら暗い時代になってたと思うんですよね、主に烏丸の件で。
 でも天光が全部ブッ飛ばしていきましたね。名前に違わず光り輝いていた男でした。
 ふたりそろって氏神になってしまったので、これからもボケとツッコミを延々繰り返しながら天界で楽しくやってくれると思います。
 同世代で氏神になったのはここだけでしたし、泉家系で昇天したのは天光だけでしたね。そう考えるとホントにすごいんだココの世代は。
 あとですね、このエンドロールで花のサビが流れたのは天光からでした。お前ホントに主人公タイプだなあ……。

 この頃から「得意分野が正反対」が如実に出てきた印象が強いですね。
 いつか氏神と交神して、ふたつの家系の血筋を併せ持った子が生まれたら激強なんだろうなあ~って思ってたんですけど、そうなる前に悲願達成しちゃいました。
 お千代のほうが一ヶ月年上で、死んだ月が同じ(天光のほうが先に亡くなった)ので、天光の人生にはず~~~っとお千代がいるんですよね。死んでも一緒なんですよね。キミたち本当…本当何なの???



oreshika_6274.jpeg
 ここからは髪切りの時代に入ります。

oreshika_6049.jpeg
 祢々(ねね)と七星(ななせ)

 天光から始まった花のサビはこの画面が表示されるまで続きました。実機…よく分かってるじゃないか……。
 壊し屋と剣士、もうゴリッゴリの前衛重装備コンビですね。もう何も怖くない。いやメチャクチャ怖かったわ。
 祢々は音感のかわいさ重視で凌さまと笹乃が名付けました。七星はねえ、「天の光はすべて星」からですね。自分が持ってるものを全部あげたいっていう天光の願いが込められています。

 私、今までのプレイでは剣士同様、壊し屋もうまく使えなかった職業だったんですよ。ギャンブル的要素があるなって思っていたので。
 でも祢々は強かった、とにかく強かった。攻撃も回復術も何も心配いらなかったですし、単体攻撃職ばかりになった時代でも奥義の大地震でバッタバッタと倒してくれました。キャラ的にもプレイヤー的にもいい子だったあ。壊し屋のイメージを覆させられました。
 本当に…なんで祢々があんなに悲しい遺言を残さなくちゃいけなかったんだろう。プレイ云々は私と運のせいですけど、最期の言葉は固定なのでどうしようもなかったです。
 祢々の氏神推挙を蹴ったのは当主(七星)の判断でした。来世は幸せになってほしい。

 七星~! お前の継承刀たち、最後までちゃんと連れて行ったぞ~~~!(報告)
 最終決戦に連れて行ってあげたかった一族、ぶっちぎりのナンバーワンです。
 「七星の長い髪は憧れだった千代丸の真似」という設定なんですけど、七星の代で悲願達成していたらぜひとも断髪して、彼自身の足で歩き出して、そして未来に進んでほしかったなあ。そういう意味も含めて、剣崎一族は結婚エンドという明るい終わり方を選びました。
 不器用でしたねえ、彼……。周囲には愛されてたんですけど、本人がそれをうまく受け止められなかった。
 御玉復活チャレンジで親神の竜実さまが二回も壱与姫をかけてくれたのは、息子への愛だったんだろうなあって思っています。でも欲しかったのはそれじゃなかったんだよ…七星は…祢々を救いたかったんだよお……。
 七星は継承刀をもっとも大事にしていた持ち主でもあります。なので太郎丸と次郎丸は七星への親愛の意味も込めて、彼の姿を模しています。

oreshika_6050.jpeg
 日向(ひゅうが)と布都(ふつ)

 剣士と弓使いコンビは二組目ですな。被っちゃったのはちょっと悔しかった。性別は逆なんですけども。
 親世代の祢々&七星と比べて見てて安心できるというコメントを何度かいただきました。私もです。
 男女コンビで仲もよかったですけど、恋愛感情とかは一切ないですね。ツーカーで通じる兄妹か熟年夫婦みたいな関係です。

 日向がねえ…強すぎたよねえ。この家系は凌さまのころからオールラウンダーだったけど、日向の代で完成した印象が強いです。髪切りに全部参加して、弓使いの奥義もひとりで全部創作しちゃってさあ…日向のそういうところ、私大好き。
 地獄を開通させたけど行くことはできなかった、っていうところも日向らしくてイイナアと思います。先代当主だった七星が成し得なかったことをキチンと達成して、それ以上のことは望まない。非常に彼らしい人生だったなあと。
 日向は三柱目の氏神になってくれました。七星に奪取してもらった国士無双弓をひっさげて、今日も天界でソロ狩りをしています。

 布都ちゃんはねえ…継承刀の福効果を何もつけてくれなくて、何故??? ってなった子でした。
 でもよくよく考えてみれば「死んだ父親によく似た童がニコニコしながら寄ってくる」って不気味じゃないですか。だからこの子は竜神刀と添い遂げたんだろうな、と思ってああいう終わり方になりました。
 はやり病にかかったのはツルギさんと布都だけなんですけど、彼女の死後に厄除けツイナ祭りが始まって、そして病も収束したところにドラマ性を感じました。病気、布都ちゃんが持って行ってくれたのかなあ。

oreshika_6051.jpeg
 王子 鳴(めい)と観世(みよ)

 プレイヤーが一番翻弄させられたコンビでした。何あの終わり方。何あの有言実行っぷり。潔く格好よく生きていきすぎ。
 剣士と拳法家、重装備と比較的軽装備という組み合わせです。いやあ~イイですよね、まさに王子さま&あばれんぼうプリンセスという感じで。
 守らせてくれるかと思いきや、全然そんなことがないのが観世のいいところでした。
 あとね、このスクショの背景なんですけどね、ちょうど薔薇色でした。最後の最後までロマンチック~~~!!!

 祢々が三ツ髪戦で負傷して、沈んだ空気になっていたところに生まれてきてくれたスーパースター。それが王子でした。お前ホントに空気読めよ(いや読まなくていい、それが正解だ)。
 つけてくれた福効果が神懸ってましたね! 特に「女の敵に二倍ダメージ」ね、王子にピッタリだなって思います。「えっ、女を泣かせる相手に二倍攻撃って意味じゃないの?!」って普通にボケてくれそう。
 「お姫さまがひとりぼっちになっていたら、それを助けに行くのが王子さまの役目だよ」って、包平に助言したのはこの人(氏神)です。主犯格です。

 対して「生まれ変わってやる」を本当に実行してしまった、一族最強メンタル王者の観世ちゃんです。
 半年も経たずに戻ってきてくれたので笑いました。そのころの王子はすでに氏神になっていたので、どんな気持ちで包平を見ていたんだろうなあ……。
 観世といえば忠心85での家出未遂事件だとか、あとお夏完封事件(2回)だとか…話題に事欠かないお姫さまでしたね。
 終盤に生まれた一族ですけど、すごく長生きしてくれたのも嬉しくって…お気に入りの子でした。



oreshika_6275.jpeg
 ここからは地獄巡り世代です。あっという間だったなあ。

oreshika_6052.jpeg
 吉行(よしゆき)と八握(やつか)

 剣士不在世代リターンズ。踊り屋と壊し屋、対極の職業を選んでみました。
 顔グラの系統も全然違いますし、ふたりのカラーリングもまったく被ってない(風と土、火と水)ところもね、好きなんですよねえ……。

 吉行はとにかく華がありましたねえ! 獣踊りをサクッと創作したかと思いきや、技水が低すぎて回復系がまったく覚えられなかったりで。「俺は苦手分野には絶対手を出さない」とでも言いたげな上昇値でした。
 当家で氏神になった最後の人です。絶対騒がしいよね吉行は。獣踊り創作者だからドンドコドンドコやるじゃん。そこに王子が乗っかってくるじゃん。ダメだこの親子。

 やっさんはね、もうね、ゴツそうな見た目に反して「愛称が空気」っていうところがたまらなく愛しかったですね! ガタイのよさそうな顔グラはツルギさんしかいなかったので、生まれてきてくれて当時は本当に嬉しかった。突然変異かと思った
 やっさんは本当なら氏神推挙もあり得る一族だったので(リセット禁止プレイではなかったので推挙されたデータも何回かあった)、人として亡くなってしまったのは衝撃的でした。吉行より上位の氏神になる予定だったので……。
 でも逝去回で書いた通り、氏神になるよりも子孫の悲願達成を願ったのだと捉えることにしました。そのほうがやっさんらしいよ。
 「それが信頼ってもんだ」という遺言、あったかくって優しくって好きでした。彼が当家最後の屍です。

oreshika_6053.jpeg
 有楽(うらく)と瀬登(せと)

 ここからは生存組です。イエーイ生き残ったぜ~~~!
 剣士と大筒士コンビでした。これは千代丸と七星がいたころに「単体攻撃と全体攻撃…対極で相性がいいな……?」と思ったのを、ここに来て反映させたものです。女大筒士の色っぽい装束を体水ナッシングな瀬登が着るというアンバランスさが好きでした。オウ誰だ悪口行った奴は。表出ろや。

 有楽は…すべてにおいて予想外でした……体火が低くて卒倒させられたかと思いきや、奥義と継承刀の福効果を存分に発揮させて、欠点を補って余りある活躍っぷり。術の習得率はものすごいのに常夜見だけはなかなか覚えられないところ。そしてお風さまラブという点(言い方!!!!!)。
 継承刀二振りをひっさげて、最後まで戦い抜いてくれました。いやあ強かった…こんなに使いこなしてくれる子になるなんて思わなかった……。

 瀬登さまはもうちょっと目立つ活躍ができるかなあと思ったんですが、完全に有楽に喰われてしまいましたね(笑)。でも彼が考えた策について意見するという、とても大事な役目を負っています。
 有楽を死なせたくない、だから悲願達成しようって決めたのはこの人です。恋愛感情ではないな…でもずっと一緒にいる気がします。くわしくはまた別の記事で。

oreshika_6054.jpeg
 包平(かねひら)と安綱(やすつな)

 剣士と踊り屋です。初代当主の職業(最古)と最後に入手した指南書の職業(最新)コンビです。
 生き残ったけど離れ離れになっちゃいましたね。それもまた人生だから仕方ないね。
 あとこの世代は生まれ変わり感が強すぎたので、あんまり引っ張られないようにしたいなあ…と思いながらプレイしました。実際はいい具合に作用してくれたね。

 包平はねえ…王子と観世の思いが強すぎるなあって思いましたね。交神のときに浮かび上がった顔グラ見て卒倒しましたもん。
 でも観世っぽくはならなかったですね。包平くん本来の性格に加えて、王子の教育(主に恋愛系)が入ったという感じです。下界に降りてくる前に天界で色々教え込まれたんじゃないかな。
 昼行燈ということで、この顔グラの子にしては比較的笑顔が多くて下がり眉なイメージです。徐々に絡め手を使ってくるところが怖かったですね! 普段はいい子ですよきっと。

 安綱は最終決戦までヤキモキさせられましたねえ(奥義習得的な意味で)。でも戦ってみれば恐ろしくなるほどの活躍っぷりでした。踊り屋にしなかったらもっと苦戦させられてただろうなー。
 最終的には心水と心土がカンストという、優しさと我慢の権化みたいな子になりました。そんなところまでツルギさんソックリだなお前ェ……(泣)。
 包平に育てられたような子だったので、離れるのはさぞ寂しかったろうなと思います。でもお兄ちゃんが幸せだっていうから涙を呑んで下山しました。



 最終世代四人に関しては、予定遺言から「多分こうやって生きていくんじゃないかな」と感じた推測も書きたいなあと思っています。
 もしよければ、そちらもよろしくお願いします。




1018_05.png

1019_05.png

1019_12.png

1020_06.png

1020_08.png

1021_04_2.png

1021_07_2.png

1020_09.png

1020_12_2.png

1021_12.png

1021_11.png

1022_01_2.png

1022_07.png

1023_07.png

1023_09.png

1024_09.png

1024_04.png

1025_04.png

1026_09_1.png

1026_09_2.png

1026_09.png

1026_10_2.png




oreshika_6276.jpeg
oreshika_6277.jpeg
 以上二十二名、剣崎一族語りでした。




2019-05-29

1027年3月後編 裏京都




oreshika_6131.jpeg
 最終決戦には継承刀『次郎丸』を連れて行きましたが…今回は『太郎丸』で挑みます。
 いいか、我々が勝ったら……。

oreshika_6137.jpeg
 ここをふたりの新居とする!!!
 いざ尋常に勝負!

oreshika_6138.jpeg
 エー、みなさま、本日は剣崎一族の結婚披露宴にお集りいただきましてありがとうございます。
 こちら引き出物でございます、どうぞお持ち帰りください。

oreshika_6139.jpeg
oreshika_6140.jpeg
 最初は必ず回復から入ってくれます。アリガタイネー、そういうことされると惚れ直しちゃうネー。

oreshika_6141.jpeg
 こちらの手番は…有楽からです。完全に息子を信頼してるなあ。

oreshika_6142.jpeg
 今回はオーソドックスな黒鏡戦法でいきます。昼子さまの能力を自分たちのものにしちゃおう作戦ですね。
 バフを積んでから黒鏡を使えば、能力が上乗せされて限界突破できる…という仕組みだそうです。
 「恋と戦争においてはあらゆる戦術が許される」って町内会の世話役さんも言ってた(言ってない)。

oreshika_6143.jpeg
 ちょっと包平くん…何なのその気の抜けた進言は……。
 阿朱羅戦では七天爆だの不動明だの言ってたじゃないの。贔屓が過ぎるぞ。

oreshika_6146.jpeg
 序盤の昼子さまはもっとも体力の多い一族を狙ってきます。
 ということでターゲットは……。

oreshika_6147.jpeg
 安綱だ! でも避けたぞ、さすが踊り屋!

oreshika_6148.jpeg
 昼子さま「次は本気でいきますネ^^(梵ピン~)」
 やめてやめて、天界最高神のグーパンチはやめて。粉塵になっちゃう。

oreshika_6151.jpeg
 包平「め、命中率を下げれば……(おろおろ)」
 何だよその気弱な発言はァ! お前本気でオトすあるのか?!

oreshika_6153.jpeg
 安綱もお兄ちゃんの真似っこしなくていいから(もうやだこの最終世代)。
 どーすんだよ、昼子さまの手番来ちゃうぞ。討伐隊がこんなにヘッポコなままだったらそのうちボッコボコに……。

oreshika_6155.jpeg
 そこでためらっちゃうのォ!? 昼子さまウソでしょ?!
 人がいいのか何なのか…とにかく助かった。

oreshika_6156.jpeg
 今のうちに強化、強化!!

oreshika_6157.jpeg
 獣踊り、石猿、太照天、速鳥などを重ねがけしてこんな感じです。
 ここから黒鏡で昼子さまをコピーして、さらに強化していきます。で、できるかなあ……。

oreshika_6160.jpeg
 エ? 何?? 「俺が寝太郎をかけるから他の誰かが黒鏡してくれ」って? 「昼子さまの心を勝手にのぞくなんて、そんなことできない」って???
 包平…夫婦喧嘩できないタイプだな……???

oreshika_6161.jpeg
 じゃ、そんな包平くんから黒鏡チャレンジをしてもらいましょう(無慈悲)。
 ハイ失敗! 知ってた!!!

oreshika_6162.jpeg
 次鋒、安綱! いきます!

oreshika_6163.jpeg
 で き た
 チャレンジ二回目であっさり成功しました。 攻撃は回避するわ、コピーは一発クリアするわで安綱有能すぎんか…さすが氷ノ皇子の実子(何気ない一言が黄川人の心を傷つけた)。

oreshika_6164.jpeg
 回せー! 白鏡を回せー!
 昼子さまのあんな秘密やこんな秘密もここで全員に通達されます(今日のお昼は昆布のおにぎりだったそうです)。

oreshika_6167.jpeg
 この花吹雪が2360ダメージで、

oreshika_6168.jpeg
 この連発式も2600台くらいの攻撃力を叩き出しました。す、すごい……。

oreshika_6170.jpeg
 パターンが変わるぞ! 気をつけろ!!!

oreshika_6171.jpeg
 だから気をつけろって言っただろォ!?

oreshika_6172.jpeg
 痛ァ……!?! 黒鏡の効果があってもこの威力……!

oreshika_6174.jpeg
 回復は安綱や八代目に任せて……。

oreshika_6173.jpeg
 行くぞ! 奥義の併せ!
 今度は間違えないようにしないと…疾風剣、疾風剣……。

oreshika_6175.jpeg
oreshika_6176.jpeg
 ダメージは3110…かな、悪くない!

oreshika_6177.jpeg
 おッ、また攻撃パターンが変わる? 思ったより早いな…与ダメージ量が多いのかな?

oreshika_6178.jpeg
 …と思ったらまたためらってくれました。ちょっと安心。

oreshika_6179.jpeg
 …薄々思ってたんだけど、包平…絡め手が多いな??
 昼行燈の性格がここに来て本領発揮し始めた感があるな…人のよさそうな笑顔でえげつない術使ってくるとかしないよね? しないよね包平くん???(自分の一族ながらちょっと怖くなってきた)

oreshika_6180.jpeg
 このパターンの昼子さまは各祭り系の術を使って、次のターンではそれに対応する攻撃系の術を唱えてきます。
 これは火祭りなので、次は七天爆を使ってくるはず。

oreshika_6182.jpeg
 花吹雪でガンガン削っていきましょう、4823ダメージ!

oreshika_6183.jpeg
 七天爆を使う前にまたパターンが変わった! やっぱりこちらの攻撃が効いてるんだな…よしよし。
 昼子さまにほめてもらったので包平くんがちょっと嬉しそうにしてる気がします。

oreshika_6185.jpeg
 昼子さまの攻撃対象が全体になりましたね、でもこれくらいなら痛くないぞ。
 黒鏡でコピーしたステータスは二ターンで切れるそうなので、こまめに白鏡を回しています。

oreshika_6186.jpeg
 これは「たまには属性つきの奥義も使いたかろう」と思って火焔舌をしてみたの図。2282ダメージ。

oreshika_6188.jpeg
 あとはこの辺りから疾風剣の併せが……。

oreshika_6189.jpeg
 9999ダメージを叩き出すようになりました。かっくいー!
 凌さま見てるー? 疾風剣凌が大活躍してるよぉー! やっぱり大江山の覇者といえば凌さまだよね(キャッキャッ)。

 継承刀の太郎丸には「女の敵に二倍ダメージ」の福効果がついています。
 コレね、王子がつけてくれた効果なんですよ。死んでから名声を得るタイプの典型だなあ……。

oreshika_6191.jpeg
 おッ、今度は何をする気だ?

oreshika_6193.jpeg
 昼子さま、軽くジャブを撃っておいて……。

oreshika_6195.jpeg
 直後に太照天夕子さまを喚んできました。こ、これは…清水
 マズい、バフが切れる! 強化がみんな切れ……。

oreshika_6196.jpeg
 安綱だけ切れてなかった。

oreshika_6198.jpeg
 ま、回せ! 急いで鏡を回せーッッ!!

oreshika_6201.jpeg
 昼子さまは続いてト玉ノ壱与さまを召喚、美津乳を受けてしまいました。また安綱だけが回避してますね。

oreshika_6202.jpeg
 …の後に、と、と、と、常夜見お風さまを……!
 やめろやめろ! 当家随一の愛妻家&その息子に常夜見はやめろ!

oreshika_6203.jpeg
 やめろォ!!!!!
 直後に安綱が仙酔酒を進言してくれたけど、それだとバフがみんな切れてしまう…ええと、何かいい手は……。

oreshika_6205.jpeg
 持っててよかった神仙水。しかもちょうどふたつあるじゃん。
 初代ツルギのころに宝箱の罠で苦労したので、それ以来必ずひとつは携帯するようにしていました。それがここで役に立った!

oreshika_6208.jpeg
 安綱は包平に、そして八代目は有楽に使います。八代目は辛いだろうけど耐えてくれ。
 ツルギさんありがとう…あなたの苦労が子孫を助けましたよ……!

oreshika_6209.jpeg
 火祭りで強化された七天爆を……。

oreshika_6210.jpeg
 避ける安綱! お前何度避けてるんだよ本当に人類か?

oreshika_6213.jpeg
oreshika_6214.jpeg
 状態異常系の召喚をほとんど使われてしまった。え、えげつないわあ……。
 まあね、昼子さまと夫婦になったらこの何倍も苦労があるはずだからね、今のうちに経験しておくのは決して悪いことではない(?)。

oreshika_6215.jpeg
 神仙水のストックもないし、睡眠ならいずれは起きるでしょ。
 バフが切れる前にふたりが起きることを祈りつつ…ここは花吹雪で攻撃!

oreshika_6216.jpeg
oreshika_6217.jpeg
 スクショの使いまわしじゃないんですよ…安綱がね、本当に避けまくるんですよ……。

oreshika_6218.jpeg
 ウエーン、太照天積まれるよォ~。有楽と包平ははやく起きて!

oreshika_6219.jpeg
oreshika_6220.jpeg
 毒のせいでひとりだけ苦しい思いをしている八代目。

oreshika_6222.jpeg
 戦力が半分になると辛い…は、はやく起きて……。

oreshika_6223.jpeg
 !!!

oreshika_6224.jpeg
 包平が起きた! まずは卑弥子で体制を立て直して……。

oreshika_6226.jpeg
 続いて有楽も起きました。よォ~しよし!

oreshika_6227.jpeg
 ふたりが白鏡を使う時間を稼ぐために、安綱が攻撃しているようにも見える図。

oreshika_6228.jpeg
oreshika_6229.jpeg
 イツ花を彷彿とさせるセリフを言った直後に攻撃をためらう昼子さま。
 優しい…優しいねえ……。

oreshika_6231.jpeg
 「だが我々はッ!」「君がッ」「頷くまで」「プロポーズをやめないッ!」

oreshika_6233.jpeg
 ここからは『セクシー踊り屋外伝 すごいよ!! 安綱さん』をお送りします。とりあえず避けるでしょ?

oreshika_6234.jpeg
 物理最強の刀より二倍近いダメージで殴ります。
 これは古扇日の丸(攻撃力66・技火90)ではない…余のシヴァの舞(攻撃力64・技火75)だ。

oreshika_6235.jpeg
oreshika_6236.jpeg
 七天爆も難なく避けるし。
 安綱、ひとりだけ別の次元から来てる疑惑浮上。

oreshika_6237.jpeg
 いや違うかな…昼子さまがあえて当てなかったのかもしれないな。
 初代ツルギとカラーリングが一緒だから。

 安綱の年齢は七か月、あとひと月あれば元服です。そして来月は四月。

1027_03_3.png
 ツルギさんとイツ花が初めて出会った、1018年4月と状況がよく似てるんだよね。

oreshika_6238.jpeg
 ツルギさんと安綱、同じ時期に同じ年齢になるのか…そうか……。

oreshika_6239.jpeg
 イツ花…いや昼子さま、一族と過ごした日々のことを「楽しかった」って思ってくれてるといいなあ。

oreshika_6241.jpeg
oreshika_6242.jpeg
 包平の心水、伸びがいいですね。

oreshika_6243.jpeg
 100手以内でクリア。ダメージは5万超えです。
 私(プレイヤー)、昼子チャレンジはこれが初めてでしたが…健闘したほうだと自負しています。へへへ。

oreshika_6244.jpeg
 継承刀の太郎丸…よくがんばってくれました。
 君はここ(大江山)に来るの、凌さま世代の山越えと合わせると二回目だもんね。今まで本当にありがとう。

 このプレイ記を読んでくださった方が、特注剣の育成について少しでも考えてくださったら…嬉しいですね。



 というわけで昼子さま、結婚してください。

oreshika_6246.jpeg
 それはオッケーということでいいですか? ヤッター!!!

oreshika_6249.jpeg
oreshika_6251.jpeg
 昼子さまは…イツ花は、一緒に帰らない様子。
 最終決戦直後に行方不明になった理由は分からないんですけど、多分すぐには天界に戻らないと思います。
 しばらくはここにいるのかな。

 雲隠れすると決めて、選んだ場所が大江山だっていうのがなあ…悲しいよな。
 だって大江山には昔、京があって、自分はそこのお姫さまだったわけでしょ?
 それが今では荒れ果てて、辺りには鬼が跋扈してて、元お姫さまはひとりきりで囲炉裏囲んでるんですよ……?
 なんでそんなところを選んだのよ。他に行くところはあるでしょうに。

 でも人間だったころの昼子さまが死んだのって、まだ少女だったころなんですよね。大人になれなかったんです。
 だから少女が険しい山を下りて、外の世界を知るだなんて無理な話なんですわ。
 知らないんだろうなあ、外の世界。イツ花も留守番のときは近所以外、あまり出歩いてなかったみたいだし。

 長い間寂しい思いをさせたね。今までウチの留守を預かってくれてありがとうね。



 …と、いうことで。



1027_03_2.png
 包平もここに残ることになりました。
 お姫さまをひとりきりにするわけにはいかないですからね。



 でも呪いは解けたしね、すごく遠くにいるわけじゃないからね。
 生きていればまた会えるよ。

oreshika_6245.jpeg



 戦いは終わりました。帰りましょう。
 それではまた、いつの日にか。




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR